The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
黙祷
2006-02-27 Mon 22:55
昨日、実家で飼っていた犬が亡くなりました。享年12歳。老犬ではあるけど、やや短い生涯ではないかと思います。

あの子が我が家に来たのは、私が小学生のころ。私が「犬が欲しい!」と言ったことがきっかけで、父が友人の家で生まれた子犬をもらってきました。

しつけがあまりよくなかったせいか、かなりのバカ犬でした。知らない人や慣れない人が来ると吠えまくり、私がお菓子とか食べてると「くれ!」と言わんばかりに吠えまくる子でした。

私は学校に行ってたし、めんどくさくて散歩さぼったりもしてたので、世話はほとんど祖母がしてくれてました。

それでも、私はあの子がかわいかったし、なついてくれてたと思います。

そして、私は大学に行くため、大阪で一人暮らしを始めました。もちろん連れてこれるわけもなく、完全に祖母にまかせっきりになってしまいました。

1回生、2回生のころは、実家に帰ると、ひさびさに会ったせいか、めちゃくちゃ吠えられました。忘れられたのかなーと思ってちょっとショックやったりしました(笑)

最近は、祖母は足腰が弱り、散歩に行けなくなりました。うちの両親は共働きで、あまり散歩に連れていけなかったようです。

そのせいか、あの子は急速に弱っていきました。

今年の正月に実家帰ったとき、あの子は全く吠えませんでした。前みたいな元気は全くありませんでした。

散歩に連れて行ってあげたけど、足元がおぼつかず、こけてしまうと自分で立てないくらいでした。


そんなあの子の姿を見て、私はなんとも言えない気持ちになりました。


そして昨日、親からあの子の死を知らされました。なんかしばらくは実感が湧きませんでした。(今もそうだけど)

今日になって、なんかいろいろ考えてしまいました。小学生の私が言った無責任な一言によって、我が家に引き取られ、ちゃんとしたしつけもされなくて、最期のほうは散歩にも行けなくて、普通より短い生涯になってしまったこと、私自身がちゃんと最期まで面倒みきれなかったこと、自己嫌悪というか、あの子にかわいそうなことしたと思って、すごく申し訳ない気持ちになった。

なんだかんだで血統書つきだから、他にも引き取り先はあったと思う。うちに来なければ、もっと長生きもできて、ちゃんとしつけもされて、めいっぱいかわいがられたんじゃないかなーとか思うと、やるせなくて、涙が出そうだった。

せめて、天国では幸せに暮らしてほしい。ほんとにごめんね。





スポンサーサイト
別窓 | Others | コメント:0 | トラックバック:0
<<最後の抵抗 | Lemon Drops | 15倍のまつげ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| Lemon Drops |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。